特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
私の声が聞こえますか~認知症がある人とのコミュニケーションの可能性を探る~

レビューを書く

価格:2,700円(税込)

カートに入れる

著者:マルコム・ゴールドスミス
監訳:高橋 誠一/訳:寺田 真理子
サイズ:A5
商品番号:247
発行日:2008年11月30日

紹介文
認知症ケアに究極の方法論なんてないんだな
~その人は依然としてそこにいる。そう信じることからケアは始まる~
主要目次
■第1章 こだまはゆっくりと返ってくる
■第2章 サービスについての意見を聞く
■第3章 誰かそこにいるの?
■第4章 人はそれぞれ異なる方法で影響を受ける
■第5章 コミュニケーションは可能
■第6章 力を奪うこと
■第7章 時間とスペースの感覚
■第8章 「ライフストーリー」の価値
■第9章 環境の影響
■第10章 非言語コミュニケーション
■第11章 挑戦的な行動(チャレンジング・ビヘイビア)
■第12章 グループワーク
■第13章 告知すべきか、せざるべきか-それが問題なのか
■第14章 内省的結論

一覧に戻る
page top