特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
希望をもって生きる 生活保護の常識を覆す釧路チャレンジ

レビューを書く

価格:1,728円(税込)

絶版

釧路市福祉部生活福祉事務所編集委員会 編
サイズ:A5
商品番号:281
発行日:2009年10月31日

紹介文
=============
☆好評につき増刷しました!
=============

指導ではなく「支援」を
受給世帯も「社会資源」
多様な「働き方」を認める

――21人に1人が生活保護を受給する(2008年度)北海道釧路市が
始めた、生活保護受給世帯への型破りな自立支援モデル事業。
それが事業所やNPOを巻き込んで、地域の交流の場・地域の居場所づくりへと発展!
いまや先駆的な実践として全国から脚光を浴びる、
釧路市のゼロからの挑戦をすべてお伝えします。

※改訂版発売予定(詳細未定)
主要目次
■第1章  当事者と援助者がともに地域に生きる「自立支援」の試み
 1.生活保護・釧路の現状
 2.自立支援プログラムへの取り組みーモデル事業始まる
 3.自立支援プログラムの本格的始動
 4.子ども支援・・中学三年生の居場所づくり
 5.自立支援プログラムのシステム
 6.ステップアップのために~部活動から正課授業を目指して
 7.CHANGE!福祉事務所
■第2章 自立生活支援員として働いて
 1.自己肯定感・自尊意識の回復を目指して
 2.「自分で選ぶ・決める」ということの大切さ
 3.肩をはらずに「ためしに」やってみるということ
 4.一緒に活動する
 5.「ほめられ、認められること」の大切さ
 6.それぞれのペースに合わせて待つことの大切さ
 7.「自分を活かす場・居場所」の必要性
 8.当事者同士の助け合いとつながり
 9.「働く」ということ
 10.情報の共有
■第3章 「自立支援プログラム」の実感―委託事業所・参加者・生活福祉事務所の声
■第4章  自立支援プログラムを使ってみて ケースワーカーに聞く
おわりに
一覧に戻る
page top