特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
住民流福祉の発見

レビューを書く

価格:2,808円(税込)

カートに入れる

著:木原孝久
ページ数:304頁
サイズ:A5判 304ページ
商品番号:417 
発行日:2001年08月31日

紹介文
住民の福祉的な営みをていねいに観察し、そこから住民流の福祉を抽出することに全精力を集中してきた著者が、
住民が「これならわかる!」、つまり「腹に落ちる」といえる福祉のあり方をコンパクトにまとめた一冊。
福祉関係者の流儀と住民の流儀を対照させながら解説し、具体的な事業や活動を提示している。


主要目次
はじめに
序章 福祉関係者の流儀と住民の流儀は正反対だった!
第1章 福祉の主役は当事者だ
第2章 福祉サービスをミエミエでするな
第3章 一方的サービスにするな
第4章 助けてもらう相手は私が見込む
第5章 助けるな!
第6章 集めるな!
第7章 分別するな!
第8章 チャリティからフェアネスへ
第9章 「活動をつくる」ではなく「活動に乗る」
第10章 「させる」でなく「ふりかける」
「あとがき」にかえて


一覧に戻る
page top