特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
生活支援体制整備事業をすすめるための市町村ガイドブック

レビューを書く

頒布:864円(税込)

カートに入れる

「地域支援事業における生活支援コーディネーター・協議体の進め方に関する調査研究事業」研究委員会
サイズ:A4判 48ページ
商品番号:641
発行日:2017年03月25日

紹介文
本書は、介護予防・日常生活支援総合事業および生活支援体制整備事業の実施に関わる自治体職員を対象としています。
2015年の介護保険改正における地域づくりや、生活支援コーディネーターと協議体の具体的な活動や推進体制のつくり方などを豊富な図表入りで分かりやすく解説しています。
主要目次
第 1 章 2015年改正介護保険における地域づくり
Q.1  介護保険改正の背景は何ですか 
Q.2  介護保険改正でなぜ地域づくりがたいせつなのですか 
Q.3  地域づくりのためのエリアはどのように考えたらいいのですか 

第 2 章 地域づくりの展開
Q.4  地域づくりは、何から始めたらいいのですか 
Q.5  住民を中心とした地域づくりをどのように進めたらいいのですか 
Q.6  地域づくりの中で生活支援をどのように進めたらいいですか 
Q.7  住民同士の支え合いをどのように支援したらいいですか 
Q.8  話し合いをどのように進めたらいいのですか 
Q.9  地域づくりをどのように展開したらいいのですか 

第 3 章 生活支援コーディネーターと協議体の効果的な活動
Q.10 生活支援コーディネーターの役割は何ですか 
Q.11 地域へどう入っていけばいいですか 
Q.12 地域づくりをどのように広めたらいいですか 
Q.13 生活支援コーディネーターの具体的な活動を教えてください 
Q.14 どうしたら協議体は活性化しますか 
Q.15 協議体と他の協議組織との違いは何ですか 
Q.16 ネットワークづくりの具体例を教えてください 

第 4 章 推進体制のつくり方
Q.17 生活支援コーディネーターの活動を、どのように支援すればいいですか 
Q.18 都道府県は市町村にどのような支援ができますか 
おすすめ書籍
一覧に戻る
page top