特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
超高齢社会の介護はおもしろい!

レビューを書く

価格:1,980円(税込)

カートに入れる

著 羽田 冨美江
サイズ:B6判 180ページ
商品番号:680
発行日:2019年12月09日

紹介文
介護職と住民がつくる地域共生のまち

広島県福山市にある「鞆の浦・さくらホーム」の施設長である著者が、開設から15年を経て、さくらホームのさまざまな取り組みについてまとめた本

2004年にさくらホームを開所したとき、私はこの介護施設を拠点にして「まちづくり」ができればと考えていました。この町を、「介護が必要になっても、その人らしい暮らしが続けられる町」にしたいと思っていたのです。
私たちは、さくらホームが人と人をつなぐ「ハブ的存在」になるよう工夫しながら、誰もが地域の一員として暮らせる「地域共生」の町を目指して活動を続けてきました。
はじめに より
主要目次
はじめに これからの時代に求められる介護

序章 「地域の中で支える介護」ほどおもしろいものはない

第1章 「鞆の浦・さくらホーム」ができるまで

第2章 一人ひとりにしっかり向き合う

第3章 地域の人たちとの関わり方

第4章 障がいをもつ人が「普通」に過ごせる町へ
一覧に戻る
page top