特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
共生ケアの営みと支援-富山型「このゆびとーまれ」調査から-【CLC研究シリーズ2】

レビューを書く

価格:2,200円(税込)

カートに入れる

平野隆之
サイズ:A5
商品番号:94
発行日:2005年10月20日

紹介文
 「富山型」と呼ばれ、全国的に大きな流れとなっている共生ケアを徹底分析!なかでも、富山市にある「このゆびとーまれ」のスタッフ調査から見えた共生ケアの真髄は読み応え十分(本書第2部収録)。都道府県の全国調査から見えた支援策も具体的に紹介しています。
 縦割りの垣根を取り払い、乳幼児から障害者、お年寄りまでがいっしょに、地域で暮らすことを提案してきた共生ケアを、多様な角度から明らかにします。
主要目次
■序 章 「共生ケア」の分析枠組み
■第1部 比較のなかにみる「共生ケア」
  第1章 共生ケアの原点としての宅老所
  第2章 地域ケアのプログラムと共生ケア
  第3章 「小規模多機能ケア」との比較
■第2部 「このゆびとーまれ」にみる共生ケアの営み
  第4章 事例調査の方法と分析枠組み
  第5章 「このゆびとーまれ」の営み
       -「聞き取り調査」より-
  第6章 スタッフによるケアの組み立て
       -「日誌調査」より-
  第7章 「このゆびとーまれ」におけるケアの技術
■第3部 「共生ケア」支援プログラムの開発と普及
  第8章 共生ケア支援プログラムの開発
  第9章 長野県・富山県における共生ケアの普及
一覧に戻る
page top