もくじ
新型コロナウィルス影響下における住民主体の活動のあり方に関する調査研究
厚生労働省老健局 令和3年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進 等事業分)
目的

 新型コロナウィルスの影響は社会の各方面に及んでいるが、一般介護予防
や総合事業におけるいわゆるB型、さらに自主的に行われている住民主体の
活動も、抑制や休止を余儀なくされている。このような状況下において、高齢
者の孤立や認知機能を含む心身機能の低下等が各所より報告されている。
 高齢者の孤立やフレイル・心身機能低下を防止し、豊かな地域生活を送る
うえでも、住民主体の活動の再開・活性化を図ることは極めて重要である。
 そこで、現在の状況下においても、ICTを活用したり、3密を避ける形での
つながりを切らない活動を進めている地域支え合いの事例を全国より収集し、
医療・保健の専門家も含めた検討を行い、新型コロナウィルス影響下におけ
る住民活動のポイントやノウハウを整理する。これらの成果をガイドブックの
形でまとめ、全国の市町村に送付し、高齢者支援の現場・住民主体の活動の
活性化を促進することを目的とする。

内容

1.研究委員会の設置
2.実践事例(地域団体、自治体等)への訪問ヒアリング調査
3.市町村向けガイドブックの作成

成果物

コロナ下から未来へつなぐ 住民活動のつながり方・楽しみ方・支え合い方
ガイドブック
【PDF / 16.2MB】


新型コロナウィルス影響下における住民主体の活動のあり方に関する調査研究 報告書
【PDF / 37.9MB】
 
資料ダウンロードをご希望の方はメールアドレスをご入力いただき、
ダウンロー ドボタンを押してください。ダウンロードのためのURLがメールで届きます。
記載いただいたメールアドレスに、地域活動に有効なCLCメールマガジンをお送りすることがあります(配信停止が可能です)。
それ以外の目的では使用いたしません。