もくじ
介護現場等における高齢者の活用・活躍に関する調査研究
厚生労働省老健局 令和3年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進 等事業分)
目的

 地域の中で生きがいや役割を持った高齢者の積極的な社会参加を促進していくことが求められており、地域や社会における様々な活動の担い手として高齢者の役割への期待が高まっている。
 高齢化の進展や人口流出の著しい東北地方では、今後も介護人材の確保がより困難となることが予想される。 福島県をはじめ、東日本大震災時の風評被害に加え、関東地方事業所との賃金競争にさらされて いるところもあり、 人材の確保は喫緊の課題と言える。こうした地域において働く意欲のある地域高齢者が介護現場で一定の役割を担い、地域の介護力を維持していくことは有用である。
 本事業では、介護施設や地域住民主体の支え合い活動の場において、高齢者の体力面などの 事情に配慮したうえで、高齢者を活用(ボランティアを含む)・活躍している事例を収集 するとともに、運用上の工夫 やノウハウの整理を行い、これらをまとめたガイドブックを作成、市町村等に送付する 。

内容

1.研究委員会の設置
2.東北6県へのヒアリング調査
3.介護施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設)へのアンケート調査
4.実践事例(団体、自治体等)への訪問ヒアリング調査
5.関係者向け ガイドブックの作成


成果物

作成中